社員の勤怠管理にかなり昔よりメインで活用されているのがタイムカードです。

ペーパーで形成されたカードをマシーンに通せば機械的に時間が印字されることになります。

タイムカードの口コミ情報を掲載しています。

ペーパーを通すだけだと言えますのでパーソナルコンピューターに疎い社員でもたやすく活用することができますし、台の上に乗るくらいのマシーンをセッティングするに過ぎませんのでセッティングのコストもほとんど必要としません。いわば、手を煩わせることなく活用することができます。マシーンが印字してくれますので、エクセルに向かっての手を使ったインプットまたはペーパーへの手書きと比較対照すると偽造が難しく信頼性が高いといったアピールポイントもあります。

それに対しては、一方課題も生じてしまいがちです。


具体的に言うと表と裏を取り違えてプッシュしたり、第三者のカードと誤ったりといったケアレスミスです。

wikipediaを求める人にお勧めしたいサイトです。

タイムカードの打刻を忘れることも起こる可能性があります。
加えて、タイムカードのマイナスポイントとしては給与の計算する時などの集計するというタスクを結局のところ人間の手でしなければいけないことです。

収集のみでたくさんの人件費に結び付いてしまい、ミスも生じやすくとても非効率です。社員が幾人かなら可能性として回すことが可能ですが、会社の大きさが増大すると運用出来なくなってきます。



社員が数多くなってきたのであれば勤怠管理システムを取り入れてパーソナルコンピューターで給与の計算あるいは残業の時間などの運営管理をするほうが有益性があります。