効果的なネズミ駆除の方法

ネズミの前歯は、一生伸び続けるため、常に何かをかじって前歯をすり減らす習性があります。

そのため、柱や壁をかじってしまい、家の倒壊につながってしまったり、電線や配線をかじって停電や漏電、火災につながる場合もありますから、早期にネズミ駆除を行う必要があります。



古い家の場合、ネズミが棲むのは仕方がないと諦めている人もいるかもしれませんが、ネズミは繁殖力も強く、放置しているとどんどん被害が拡大してしまい、ノミやダニによる感染症の危険性もありますから、早期にネズミ駆除を行うようにしましょう。
ネズミは、警戒心が強く、環境に適応する能力も高いという特徴があります。

また、学習能力も高く、人が食べるものであれば何でも食べ、小さな穴でも周囲をかじって穴を広げて侵入することができます。

ネズミは何度も同じ場所を通るため、油や汚れで通路が黒光りするラットサインがみつかります。
そういったネズミの通り道に、粘着シートやネズミ捕りを設置することで、効果的にネズミ駆除を行うことができます。ただ、粘着シートやネズミ捕りは、死骸を自分で処理する必要があり、精神的にも負担をかけてしまいますから、忌避剤や超音波による駆除がおすすめです。



ただ、ネズミの数が増えすぎてしまった場合には、個人で駆除するのが難しくなってしまいますから、専門の業者に依頼するようにしましょう。その際は、きちんと侵入口をふさぎ、糞尿の処理をしてくれる業者を選ぶようにしましょう。