一般家庭で利用可能なネズミ駆除のアイテム

大切に住んでいる家でも、古い木造建築にはネズミが棲み着くことがあります。

屋根裏や台所などで、カタカタと走る音がしたり、ガリガリと何かを囓る音が聞こえたら、ネズミの存在を疑ってください。

その見分け方として、ラットサインを探すとよいです。

家ネズミは壁に沿って走るという習性をもつので、天井や壁、部屋の隅に注目しましょう。


黒ずんでいる場所があったら、そこがネズミの侵入口と考えられます。
そうと決まれば、即座にネズミ駆除をしなければなりません。



ネズミ駆除のグッズは、ホームセンターなどに売っているので、すぐに見つけることができます。
まずは代表的な罠から探してみることにしましょう。
おそらくすぐに目につくのが、バネ式の罠だと思います。
漫画やテレビでのイメージが強いと思いますが、実際には挟み込む力で、個体はほとんど死んでしまいます。
設置場所は先に述べたラットサインを辿って、その通り道に仕掛けてください。

カゴ式のやや大がかりな罠もあります。
これはネズミを生きたまま捕獲するものなので、後の始末が面倒とも言えます。

さらに設置場所にある程度のスペースを取るため、一般家庭には不向きかも知れません。

粘着シートは、素人でも使いやすい罠です。

これも、ネズミの餌場や通り道に仕掛け、くっつくのを待ちます。



シートは安価で、使い勝手が良いのですが、ほこりをかぶったりすると、役目を果たさなくなるので、慎重に仕掛けてください。
毒餌は古典的な、ネズミ駆除の仕掛けですが、現代でも十分有効です。



今はパッケージを開いて置いておくだけで、ネズミに食べさせられるものが売っているので、それを利用するようにしましょう。


ただし、人間が口に入れないように、小さな子供がいる家庭では十分に気を付けてください。