勤怠管理は会社の中で管理が行われている管理業務の一つになります。従業員は出社時と退社時にタイムレコーダーにタイムカードを挿入し、時刻をスタンプする義務が在りますが、この義務を果たすことで勤怠管理の基本となる時間の管理が可能になります。



遅刻や早退、残業と言った管理をタイムカードで行い、作業日報を従業員に書いて貰う事で一日の業務の把握を管理する側は把握することが出来るようになります。勤怠管理と言うのは従業員に支払う賃金のベースとなるもので、遅刻が在れば給料から天引きが行われ、残業をした場合は残業手当として支給するなど、会社の中での重要な管理業務になっています。



尚、タイムカードに記録された出社時刻と退社時刻と言うのは、それぞれの会社が定めている所定労働時間を満たしているかどうかをチェックする事や、残業をした場合は何時から何時まで仕事をしていたのか、残業と言うのは手当として支給する義務が会社側にはある事、そして残業時間には通常残業と深夜残業と言う2つの区分けが在り、深夜残業は通常残業の時間単価よりも高くなるため、時間の把握を使用者は把握しておくことが大切ですし、従業員も残業などの時間の把握をし、使用者とともに把握を行えるシステムが必要になると言う事なのです。

日本経済新聞の情報といえばココです。

最近はタイムカードを利用するのではなく、ICカードや指紋認証と言った形で時刻を打刻することが出来る勤怠管理システムを導入している企業も増えていますが、従業員と使用者の両社が時間の把握を行えるような仕組みを取り入れることが勤怠管理システムには大切です。